読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japansns 美味い店

日本全国美味しい店まとめ

中国国務院首相の李克強,2015年の経済成長率が7 %台に抑え

中国国務院首相の李克強が今日午前で行われた第12期全国人民代表大会の第3次大会の開会式では、2015年の経済成長率が7 %台に抑え、。その目標を1年前に比べて、2014年には7 . 5 %に(実際は7 . 4 %)より0 . 5 %に削減しなければならない。李克強の警告は、今年の日は去年より難しくなりそうだ。

中国政府が経済成長率を計画的に引き下げが明らかなように、自国の経済の調整についてはある程度の行動だ。普通は、中国は、保安定は、国内総生産(gdp)が1 %増加保証は100万人が就職した目標のために、自分の経済成長率を设定する必要がある」とし、大半の解決が毎年900万大学生の就職問題を抱えている。しかし、李克強が今日の政府工作報告書で明らかにした資料によると、2014年の経済成長率は7 . 4 %へ、住み慣れた新規雇用1322万人より13年だった。住民の消費者価格上昇の2 %ポイントの差でもまだ安定している。消費は経済成長への貢献度上昇していた3 %ポイント上昇した。これらのデータを中国政府に自信がある」とし、経済成長率の引き下げを保護するため、常态化経済、吸い取り社会が動揺した。

2015年の経済運用にどう対応すべきか?李克強の処方で処方に、公共建設投資や減免歳費の第1項は、財政赤字は2014年には約2700億ウォン増加し、1億6200万人民元(約30兆円)により、財政の赤字率が2 . 1 %より2 . 3 %まで引き上げる。もう一つは、技術革新を模索しなければならないと述べ、構造バランスです。新市場を育成の高低には激励の大衆創業、スポットライトを重ねている。「構築全方位的な対外開放の新しい枠組み」は、今回の李克強業務報告の大きな新强调しています。

2015年の中国経済が依然として膨大な苦境だった。しかし、李克強は明らかにして楽観している。彼は、一定期間の調整を経て、中国経済はできるよみがえった。