読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japansns 美味い店

日本全国美味しい店まとめ

歯科医師連合会会長高木干正

日本歯科医師連合会が最近発見された迂回が寄贈した)方式で一人の上院議員に寄贈した1億円の政治後援金を集めている。輸送のために、东京地検特別捜査本部では、この連合会に家宅捜索を行った。

歯科医師連合会の受け入れの寄付金の上院議員は、「石井绿」、歯科一家出身で歯科医師連合会の常務理事は、日本では現在医学界は、上院の唯一の代弁者も、安倍首相のリーダーシップの自民党のメンバーだった。

日本の政治資金法規定によれば、公企業が、ゲージ政治献金の年次金額は最大5,000万円になるため、歯科医師連合会に与えるため石井绿の多くの政治資金の支援は、直接、石井さんの政治資金の団体に寄付した4500万円のほかにも、一人で可決した民主党議員の口座に対して石井緑迂回寄付金5000万円にのぼることにより、寄付金総額実際は9500万円(約500万元)を記録した。しかし、石井さん緑を隠蔽しようとしたという事実を明らかにし、この寄付金书き込みが政治資金収支報告書によると、選挙管理委員会に報告書を提出した。

特別捜査本部では、先月30日に家宅捜索した連合会の事務室や財務チーム長の自宅に、同時に召喚し、歯科医師連合会会長高木干正だった。

例歯医者は、日本が人気が、日本歯科医師連合会も日本で最大の「医療団体の一つだ。この事件はにつながることを一绪に重大な政治資金不正が起こった。