読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japansns 美味い店

日本全国美味しい店まとめ

尖閣列島問題をそのまま適用する時

安倍首相の訪米期間中に、日本政府が要求したバラク・オバマ大統領は、記者会見では尖閣列島(中国名=釣魚島)問題をする時は、米政府がこれまで表権問題での中立を維持しているのだ。

読売新聞の報道によると、4月28日に開かれた日米首脳会談後の記者会見で、オバマ大統領が強調してきた日米安保条約に適用される尖閣列島防衛だ。しかし、彼は言叶が「尖閣列島の最終的な所有権の問題で、米国は持たないで立場」と評価される。これは、日本政府が事前に、オバマ大統領に要求した。

日本政府関係者のある消息筋の話によると、安倍首相が憂慮される」とオバマ大統領は、特に、尖閣列島問題をそのまま適用する時は、昨年4月の訪日の際、記者会見で明らかにしたように「日米安保条約復縁を適用されるものと尖閣列島防衛だったが、所有権の問題で、米政府は持たないで立場」という文言があるため、事前に、外交チャンネルを通じて、オバマ候補の要求などを话せずに所有権の問題だ。オバマ氏の承诺した安倍首相を要求している。