読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japansns 美味い店

日本全国美味しい店まとめ

習近平:中日友好、中日関係の前途を把握

習近平・中国国家主席は今夜、北京人民大会堂で開かれた公式歓迎3000日本各界の人々と访中団のパーティーで、挨拶の全文は次の通り。

来宾として、各位の友:

みなさん、こんにちは!約2000年前、中国の思想家、孔子の話によると、朋あり远方から来て、毎日を送っている。今日は、3000を指導している日本各界の関係者、远方より来る、北京人民大会堂で、中国側の一道(主催の中日友好交流大会を開いた。これは近年では両国の民間つき合って1件の慶事でもありて嬉しく思っています。

まず第一に、私は代表が中国政府と人民を、私个人の名目で、各位の日本人の友人が訪問し、热烈な歓迎をいたします!私はあなた达をはじめ、日本国民の皆様に申し上げるの挨拶と良好な存じます。

中日一衣帯水、2000年が経っても、平和友好は両国国民民心のメインテーマ、両国人民の麻浦(マポ)にある学周章鑑て、それぞれ発展しても、人类文明の进歩に寄与した。

約1週間前、インド首相莫迪さんを訪問した際、私の郷里陝西省のように、私は西安と彼とともに溯及したチンディアの古代文化交流の歴史でもある。隋唐時代、西安も中日の友好往来の重要なのだけれど、同年の多くの日本からの外交使節、留学生、坊さんがそこに学习と生活を送っていた。彼らのうちの代表的な人物阿倍仲麻吕で、中国唐代の大詩人李白・王维と厚い友情を残した1段の人を感动させる話だ。

私は福建省に勤めていた時、17世紀の中国の人であることを知っている僧隠(元僧侶が日本に渡っての話だ。日本にいるうちに、隠(元大師を伝播した京義佛学だけでなく、慰めてくれた先進文化と科学技術となって、日本江戸期の経済と社会の発展に重要な影響を及ぼす。09年、私に日本を訪問した際、立ち寄る北九州などでも、直接を感じることができます。両国人民の中の間に文化の縁と歴史的につながっている。

政府は日本の近代以降、同国の対外侵略の道路拡張のように、中日両国過ごした痛ましい歴史を被り、中国人民は重大な災難に見舞われをもたらした。1970年代、毛沢東周恩来総理、小平さんと田中角栄さん、大平外相さんなどの両国の既成世代の指導者、高度の政治的知恵をさらに発展させるために重要な政治的決断に先立って、様々な障害を克服されておらず、中日国交正常化し、平和友好条約を締結していたが、両国の関係にある。廖承志さんや高碕達之助さんと一绪に冈崎嘉平太さんなどのいくつかの有识者十匙意欲的に取り組んで作業をしている。

歴史が示すように、中日友好のため、両国と両国人民が有利で、アジアと世界の有利になり、注目に値する確保が大事にして手入れも、継続してたゆまぬ努力を払ったのだ。

来宾として、各位の友达です!

隣人を选択することができ、隣国を选択することができない。「徳不孤、しなる善隣だった」と話した。中日両国人民の诚実のでさえすれ(あれ)ば、友好、まさに间が必ず世代友好だった。中日両国はアジアと世界における重要な国両国人民の勤勉で、善良で、富裕知恵が必要だ。中日を平和・友好・協力は、人心を望んで、流れである。

中国の高度成長重視中日関系、中日関係の千辛万苦の雨風が、中国という基本方針に変わりはない、これからも変わらない。私たちは日本侧とともに、中日の4つの政治的文書の基盤の上で、推進両国善隣友好提携すると発表した。

今年は中国人民抗日戦争および世界反ファシズム戦争の胜利70周年を迎えた。その年、日本の軍国主義の侵略犯罪を容認しないで覆い、歴史の真実を容認しないと指摘した。歪曲し美化に対しても日本の軍国主義の侵略の歴史の言行は、中国人民とアジアの被害国の人民が応じず、正義と良心を信じるの日本の民も受け入れない方針だ。が、之师である。歴史!』としたことは、未来を開拓する;忘れない戦争を行うため、平和を守るためだ。

我々は、日本国民もあの戦争の被害者が出た。抗日戦争が終わった後、中国人民はまさに現実、助けて百万日復帰ホームページをチョンラナムド・ボルギョ数千人の日本人孤児が育てて戦争を手にしており、中国人民の人柄や无疆大爱。

今日は、中日双方は係争は歴史を鑑にし、未来に向かっての精神を尊重し、計推協平和発展し、同伴世代友好、共に両国の発展の明るい未来が、アジアと世界の平和に貢献してきた成田市マッサージ

来宾として、各位の友达です!

4-15052323413HU.jpg

中日友好の根幹が民間で、中日関係の前途を把握し、両国人民の手にかかっている。であればあるほど、両国関係の発展に向けたがうまく行かない时であるほど両国各界人士として必要な南北に積極的に乗り出しているほど、強化民間交流は、両国の関係改善の発展環境づくりや環境だった。

「青年興は国興だった」と話した。今日の一座が少なくない青年友达です。中国政府支援の両国の民間交流の激励を両国が各界各層の特に若い世代が先を争って中日友好のために飛び込んだと、交流・協力の増進を理解し、設立に揺るぎない信頼、発展を聞いてみた。

明るくなった先人に木を飲む。私の真挚な期待を確固たるものにするために、両国の青年友好信念をもって、積極的な行動を続けている。友情の种を撒いて、中日友好成长し、大木に成长のうっそうとした森林、中日両国人民の友好代々続く!

最后、そして今回の中日友好交流大会の成功に,日本の友人は、華中、楽しくお过ごします!