読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japansns 美味い店

日本全国美味しい店まとめ

安倍首相補佐"官法の安全性とは関係がない"

英語勉強

安倍首相補佐官礒崎陽輔は17日、大分県で開かれた講演会で、憲法第9条で、「我々が真剣に考えているのは、(集団的自衛権は)韓国を守るのに必要な措置を取るのか。それが(判断基準で、法の安全性とは関係がない。

山崎礒は協力安倍首相が、担当の安全保障問題を補佐官に、尹長官の発言を连想して安倍内阁は昨年7月、閣議決定を経て集団的自衛権の行使の「自分と话す」な行動をした人を数行に「国の防衛のために必要ならば、どのように規定を気にする必要はない法」の幅と奥行きがある。

日本最大野党の民主党幹事長が枝野、国会に記者会見を開き、このような法を無視して安定的な言論実に驚きと、その言い方で、首相官邸にしようとしたが、どうやっているし、どうすれば済むことではないというのが、その日本は法治国家だったのだろうか。彼は、「基本的な行政常識以下のない者に、どうしてそれがもあって、首相補佐官に?」要請した安倍首相更迭礒崎の補佐陣に職を失うことになる。

日本の与党自民党幹事長は、「1谷垣祯も認めて文字から见てみると、确かに不当だ」と話した。

きょうは参院初日の開会審議安保法案について、野党てさまざまな措置をボイコットという立場であり、法案の審議とを通じて(通って)で、安倍首相のリーダーシップの与党は準備強行採決しなければならない。このように首相補佐官のこうした発言は明らかなように、安倍内閣を煽り立てるさに野党と世論をもう一度捕まった安倍政権が法を無視して尊厳のネタだ。