読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japansns 美味い店

日本全国美味しい店まとめ

日本の上場会社収入を1億円の経営者2014年には400人を超えた

日本の上場会社の中年以上の収入を1億円(約500万人民元)の経営幹部の総数は、2014年には400人を超えたということは、日本企業で経営者や一般社員間の所得格差が広がっている。

14学年度に、日本企業の中年の所得が最高の経営幹部(取締役)は、日产自动车会社会長のゴーン、彼の年収が10億円(約5000万人民元)だった。彼は、株主総会でなかったとしたら、経営者には相当な投資でなければできない会社の確保に必要な人材をつけるために、企業の競争力を高めている。

しかし、米国の経営者と一般社員の格差の拡大の動きも、衝撃は日本の社会主義的な賃金配分のモデルになって企業内部統制搖れた。ある調査によれば、日本の中小企業の社長と労働者の格差は平均2倍、この倍率はすでに日本企業の賃金制度の一の基本原則だ。無限に拡大することにしたため、このような格差を受けるのは企業の経営を行っている。ため、大手企業の経営幹部の収入が増える傾向を示したものの、多くの中小企業は依然慎重な姿勢で対応する姿を見せた。