読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japansns 美味い店

日本全国美味しい店まとめ

なぜ安倍首相が中国の抗戦勝利70周年出席しないか?

24日、この日が来ないと安倍を公式宣言した北京出席抗戦勝利70周年シリーズの行事の際、東京株式市場は朝のクランクインから、一路暴落引け、1万9000円台を突破し、2年ぶりの最大幅で下落した。

北京へ行かない、と東京証券市場の暴落は、全面的に不搭界しなければならない、しかし、の別の安倍首相が北京へ行くことができ、これを機に両国の歴史和解すれば、中日両国関係が改善され、両国の経済はさらに前のめりに推進されている。この理屈の上では、北京行きと証券市場の急落して請け負う値上がりしている」と密接な関連がある。両国はすでに、「一损俱损栄(日本の栄」の和合して関系だった。

4-15052323413HU.jpg

中国で開かれる抗戦で勝利を离れて70周年記念式に10日後に迫ったとき、日本首相官邸でやっと」を宣言した安倍首相が北京へ行くしないことに活動したりもした。

このニュースの朝に、私达はとても失望して、かと思っていたので、安倍首相が遅々として進んでいない発表から北京まで行事に参加したニュースになったのは、本当に考えてみれば、ただの調整が必要な様々な関係だった。だって、私たちが、国会議員と政府関係者からの话を闻いて、安倍首相反対派の議員を説得して彼を支持する北京巡訪のことだ。

安倍首相のように思われて北京出席抗戦記念行事を考えたのは、7月には、彼の最高外交補佐官・国家保安局長谷内次官が直接連れて北京へ連れて行く、国務委員の楊外相との会談で話す羽目になった。最寄りの中国も楽を享受できるように其成が配置されたため、わざわざ国務院総理と会って谷内次官は、李克強。総理大臣(部長)と会ってさえもでの日本の高位関係者であり、これは中国外交の礼仪では尋常ではない。话すべきで、その若しくは安倍さんはきっと来る北京。少なくとも谷内次官は、中国側の前で撮影した胸のところだった。

以後しばらくなどについても、安倍首相のではないかと、北京に行く行事に参加しなかったというのは话题になり、みんなを信じ、またはしに行くことにした。しかし、中国の王毅外交部長、マレーシアで出席asean外相首脳会議の期間中、インタビューを受けるに立っているところは、「知らない中国に招待した安倍訪中」を再び世界メディアだ。国の外相、としてだけでなく、日本の首相が中国を訪問するかどうかさえ知らない言葉だが、それでは意味、中国側はすでに、安倍首相が訪中についてからを求めてがっかりさせられました。

もちろん、私たちは理由は信じて、王毅外務相が言った言葉は間違っていない。中国の招請安倍首相は北京へただ出席抗戦記念勝利記念行事に招待したのではなく、彼が中国を訪問する。というのは、このようなとは全く違う。

もとこのやとしており、そのまで待った24日。しかし、安倍首相の究極的に決定できない北京。この宣言で、すべて彼の実現を感じる人が期待感伤的になります。

安倍首相は24日、参院予算委員会のホームページに公開されたが、自身のしないことにしたと明らかにした理由は、国会に北京に行くことがあまりにも多すぎると、彼はできませんでした。

安倍首相の話をしているという理由から、何かの道理がある。彼のために極めて重要視する安保法によると、現在、上院の審議で出会ったブレーキがかかる見通しだ。野党で対応しており、他の法令を添加したり、を通じて、自民党の個別的に問題がある議員に対する問責などの手法で、時間を引き延ばす法案の審議を決定的に安保法案は一つの廃案を提示した。しかし安倍にとって、うまくいくを通じて安保法案をできるかどうかだけではなく日本自衛隊の外国へ出て、他国と集団的自衛権の行使だった。より重要なことは、安倍首相に自分のためにすべての政治にはすべてをこの安保法案に注目している。いったんは難しいのではないかといえば、それでは彼に直面するかもしれないが更迭される場合、敗家亡身しなければならない。できませんから、今年4月、米下院の讲演の中では、すでには米国の議員たちが、でもが言うには、今年の夏は、必ずを通じて安保法案を成立させた。ところが今や、立秋が過ぎている。

国会を牛耳っているのでどうを确保するため、安保法案が参院で完璧に成立して、安倍政治生命のうち、一つの事ではない。ほんの軽視するようにしなければならないという

は、安全保障法案が野党の強いボイコットとともに、日本国内の世論からも安保法案の批判を展開、多くの日本の市民街頭に囲まれ、首相官邸で表现に反対する安保戦争反対の強いシンパシーを背景にして、安倍内阁の支持率が下落、すでに接近は政治的危険水域の30 %程度に過ぎなかった。材料のためなら、何を助けてやる安倍内閣の支持率だったのだろうか。中国を訪問して抗戦するシリーズの行事に参加したが、反映されている日本は、歴史清算の上の誠意を示さなければならない。論理上ではどのくらい上がるわけで支持率のだった。しかし、安倍内阁の支持率下落傾向を見せているのは現実的に、安倍首相のブレーンたちを綿密に分析し、は安倍首相に参加しても北京の記念行事も不可能であるため、内閣支持率を大幅に向上させるために行かないだろうが、特恵がない。

そしてひとつのとても重要な原因は安倍の歴史観は24日、上院での答弁で、共産党書記局長山下芳生が安倍)研究委員は、「日本が中国、アジア太平洋地域が起こした戦争だかどうか侵略戦争では?」安倍首相は「21世紀の構想懇談会(戦後70年談話起草委員会)の報告書は后代人考えだろう、と僕は思った。この戦争は侵略戦争だ」と話した。同年をしたからといって、しかし、日本のためにどのような侵略行為だったのだろうか。安倍首相は、「この世界に任せるべき歴史学者たちに検討している」と明らかにした。

携帯買取

日本、台湾、韩国の植民地支配に対して、安倍首相の談話を引用した起草委員会の報告書の内容と関連して、「歴史の声がして、私たちを受けるようになるだろう」と話した。しかし彼は回避してた植民地支配の実施の主体と歴史的責任を追及している。

24日、国会答弁だったのが、安倍首相の戦後70年談話を見つけ、日本の侵略戦争だ時、彼は過度に強調したこの戦争で発生した理由と背景である。つまり、当時の日本が発動した中国侵略戦争であるとしているのは、自分を守るため国家の利益を得た。彼は侵略戦争の理由として、と戦争が中国に大きな損失を分割するのを意識したものだ。戦争を起こしたことは合理的であり、不正がもたらした結果は、謝罪する。ので、安倍首相のこうした分裂の歴史観、彼の心を示してきた歴史の問題に1种の陰で、彼は怖がっているほかの人たちが歴史問題に対する問責、多くのものは彼がつたない作り話だ。北京に、もっと宜「よろ」だった。

「断固として反対する首相が北京に立ち寄ってから败戦国としての首相も出席戦勝国の記念行事を毀損しているという日本の尊厳を負えることもできない三百人あまり万のために犠牲になった英霊だった」と話した。安倍首相が、賈在自民党内の嘆願書を提出した彼を意識せざるをえない、今年9月までに自民党総裁の連任の党内選挙にでなければ上手でも総裁も首相となった。安倍首相の心の中にもよくわかっていた仕切るニューフェース鳥打ち自分の議員たちが集まっている。

安倍挙げられるかもしれないnの理由を说明する自分にはできないと、北京へ向かうの理由を明らかにしたが、結果は一つしかない、彼は中国と、歴史和解のチャンス!も失ったと中国に送った揺るぎない信頼だ。谷内事務次官はどうかを中国側に説明するのか。