読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japansns 美味い店

日本全国美味しい店まとめ

安倍内阁が強引に進めて安保法案は戦争の道

日本の元首相の2つの安保法案について、安倍首相の一部で批判を強く訴え廃止安保法案。

细川护熙の元首相は「安倍内阁が強引に進めて安保法案は、蔑視立憲主義」と紹介した。羽田孜の元首相は「絶対容認できない集団的自衛権」を発表した。鳩山由紀夫代表の元首相は、「制限的集団的自衛権の行使には、憲法改正だった」と話した。村山元首相は、「安保の法案をすると見込まれる日本がっしりして戦争の道、廃止すべきだ」と述べた。菅直人前首相も廃棄を要求する安保の法案を可決した。