読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japansns 美味い店

日本全国美味しい店まとめ

安保法に反対、創価学会約7000人連名の発表

安倍晋三首相のリーダーシップの自民連立与党の公明党が、最近绝えず自分の最大の支持団体メンバーからの抗議が殺到した。創価大学教授に続いて連名の発表後、約7000人が腹である創価学会会員が共同署名し、反対公明党自民党と一绪に強行採決の安保の法案を可決した。

公明党は、池田大作指導の日本最大の宗教政治組職であるである創価学会は1960年代に創設されたれているが、これまで追い付いて奉平和主義路線だ。しかし、連立与党自民党の制定以来、協力を通じ、各種関戦争の法案とされるのが諦めざるを得なかった平和主義精神」の変色の党となった。特に今年に直面して安保法案の問題で、公明党がないだけでなく、むしろ阻止のために全力を尽くすと自民党と一緒に、多くのである創価学会会員と創価大の教員たちの反発をかっている。

愛知県安城市(キョンギド・オサンシ農家の天野達志(51)はである創価学会の長老の会員、父親から母親の時代から追従池田大作だった。公明党の表现と立場を控えて、彼を心配だと判断し、これはである創価学会池田大作さんに教えてきた平和主義趣旨に合わないとなので、1つのウェブサイトに訴えを開設した全国のである創価学会会員の署名に反対する安保の法案を可決した。五反田マッサージ今日まで、すでに约7000人が署名している。

筋は29日、天野は8日頃、公明党の本社で、山口あの津男主席が直接この7000人の署名が要求することは、公明党の立場を変えたのは、安保を阻止する法案は可決しなければならない。