読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japansns 美味い店

日本全国美味しい店まとめ

朝霞市殺人事件、警察に捕まった犯人は同僚

埼玉県朝霞市の一人である58歳の男性、警察に捕まった犯人同僚。今日の午前中は、埼玉県の警察本部の捜査一課課長で記者会見を開き、この殺人事件に社会に謝罪しなければならない。

今月4日、朝霞市の自宅にいるようにこの住宅主人寺尾俊治だきあうによって拉致された椅子に腰をおろすと、首に縄に绞ってされする傾向がはっきりした痕跡がうかがえる。自宅ではされていないしなければ、との痕跡だった。しかし、家の中の金庫が開けられ、鏘々物品をしてしまった。

警察に通報を受けてから直ちに調べた。あたりの閉鎖回路(cc)テレビや被害の家の中の画像電話記録を発见して、埼玉県浦和署の巡査部長中野翔太(31)に重大な犯行疑惑が持たれている。閉鎖回路(cc)テレビによると、3日には、その日、被害を被った家近くの駐車場に止めたが一台の中野に親戚のすべての車を同時に画像電話を記録する人物の姿も、中野と似ている。被害者の自宅で見つかった犯人のdnaとも中野と一致している。

警察は、統制された中野後は彼を調査し、中野であったことを認め盗み出さ財殺人だった。

埼玉県の警察本部によると、昨年10月、被害者の父親が家が亡くなった後だった。しかし、朝霞警察署の刑事課の仕事をしている中野に責任を負っていた現場の司法解剖の形をしており、被害者の自宅で演出も熟知し、被害者との知り合いだった。

中野そのもので生まれた一つの家には、2人の子供の父親だ。