読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japansns 美味い店

日本全国美味しい店まとめ

元自衛官しようとする中国の全体に占める割合は沖縄だ

日本の「冲縄は尖閣列島を守る会」会長、前に日本の海上自衛隊自衛官惠隆之介は昨日、奈良市で開かれるソウル松坡区新川洞(、中国の政府の目標はすでに照準沖縄で、中国政府の海洋が出入りして行動した皆思った縂觉深刻化している。

惠隆之介で生まれた沖縄県で、1978年に卒業した防衛大と海上自衛隊幹部候補の学校で、護衛艦で服務を終えた後、1982年に引退し、今後の琉球銀行に就職し、拓殖大学碩座教授を務めた。2012年当時、冲縄県八千日報論説委員長を務めている。现在は評論家だ。

昨日の洞(日本会議奈良(なら)支部が主催し、約300人が参加を聞いた。惠隆之介は講演では、中国が日本領海侵犯とともに、設置防空識別区域では、中国が決まった計画が徐々に脅威沖縄では、彼らの目標は、沖縄を占拠しようとして、日本の国民は自分の意識を変えなければならない瞬間だ。政府が早くも訴えは、憲法改正を認め、交戦権を活用し、自衛隊国防軍だった。