読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japansns 美味い店

日本全国美味しい店まとめ

日本の新しい時代の燃料電池車のトヨタ

注目されていた日本の新しい時代の燃料電池車のトヨタの「未来」の車で現在、トラック难求な局面を迎えている。トヨタ側の発表によると、今年3月の注文した速い」とし、「少なくともなどで3年間にもらえる発车します。

「未来」燃料電池車が昨年12月に発売した直後、のことで注目を浴びている。燃料電池車は水素を燃料に、たったの5分は燃料電池で覆われて、だけでなく、やり遂げてゼロに排出する。現在、トヨタの「未来」車の毎月の定量は1500台程度だが、毎日の生産量はわずか3台だった

トヨタ自動車の発表によると、「の未来」の車を搭载している多くの新技術を同時に追求するために、高品質が必要だが、一台の一台に対してセイコー冯海、毎月の生産量は非常に限られている。足の速いので、纳期を3年、2018年になってもらえる自動車を販売している。

トヨタ自動車は現在王朝の生産「レクサス」車の技术スタッフ、使用手作業で制造技で、毎日生産し、3台の速度が生産の「未来」車だった。同社によると、現在年生産量は700台にすることによって、2017年までに、年間生産量から昨年3000台だった。現在、1台の価格は723万円(約38万人民元)だった。日本政府が、自動車1台当たり手当202万円,消費者は支払い約520万円(約27万人民元)だった。