読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japansns 美味い店

日本全国美味しい店まとめ

日本の航空会社の旅客機長の決断で再び持ち上げ

日本の航空会社の旅客機1機昨日午前、徳岛空港に着陸したとき、滑走路に作业が1台の自動車で、機長の決断で再び持ち上げ航空機を脱した车体に衝突する惨事となった。搭乗していた当時、67人の乗客と乗員だった。

この日本航空455便航空機は、空港の鉄製タワーの着陸地点を指示を受けてから兼業も後輪で着地した後、機長は、飛距離が発見された飛行機の1500 mほど前方の滑走路に停まっている一台の宿题の自動車で、機長の決断で通知タワーの再から出発した。

日本の航空輸送安全委員会が2人の捜査官を排出している徳岛空港に向かう事故原因を調査している

日本の航空会社は、当時の天気の視界が低く、あるいは機長の判断に遅い5、6秒間に応じなければ、常に発生と一绪に重大な航空事故が発生した。