読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japansns 美味い店

日本全国美味しい店まとめ

4人の大学生国会前断食安倍政権に衝撃を与えている

に抗議して、安倍首相が強引に進めて安保法によると、東京の4人の大学生が、昨日午後からは、国会から断食に入った行動だった。

4人の大学生から早稲田大学上智大学専修大学で、最年少は大学1年生だった。彼らは上院の断食現場に「安全保障法案阻止成立しますが、安倍政権打倒」のスローガンが、80人余りが抗議者の声援の下から無期限ハンスト行动である。

参加断食行动の専修大学2年生岛根ケンジは「は戦争の怒り、断食行动は、決して何を拒否し、強制戦争だ」と話した。上智大学での2年生井田敬も「日本は戦後歩いて一条の平和的な発展の道を歩むことになるが、実はもうなど間接的に参加した朝鮮戦争ベトナム戦争イラクとの戦争、断固として反対する。日本重走戦争歴史調査だった」と話した。

今日东京気温が30度、4人の大学生の猛暑を、国会前断食をして選手らの同情と支援を受けてもまた、安倍政権に衝撃を与えている。

これまで、首相官邸ではまだ決めていない今回の断食行動側がどのような態度を見せている。