読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japansns 美味い店

日本全国美味しい店まとめ

日本の医薬品の販売量が初めて10兆円を超えた

日本の医薬市場調査により、2015年まで日本の医薬品の販売量が初めて10兆円を超えた。

病院や薬局などが卸会社から購入した医薬品について、公的価格(薬価)を使って売上高を算出。15年の売上高は10兆5900億円と、前年を6100億円上回った。9兆4800億円だった11年から4年連続で増加した。
同社は病院や薬局や医薬品卸会社の購買単と伝票集大成のデータによると、2015年まで、日本全国で薬の販売量が10万590億円で、14学年度ヴォーカル6100億円は、4年連続で実現した増加傾向を示している。

f:id:qwqwcs:20160214215234j:plain


薬品类点、売上高によって最高の薬は抗がん剤、8200億円となった。次に高血圧治療薬を飲まないが5600億円だった。3位にランクインしたのが、糖尿病治療薬をは5100億円となった。