読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japansns 美味い店

日本全国美味しい店まとめ

日本大手商社:三井物産、2015年度700億円の経営赤字

 日本最大の国際商社の三井物産会社、2015年度(2016年3月まで)700億円の経営赤字が出てきている。
三井物産が本日発表の1部の報告によると、2014年度、会社が3064億円の黒字は、予想2015年度の黒字額が減少、しかし、少なくともも1900億円の黒字。その結果、結局、700億円の赤字になるという結果になると、結果的には、結局700億円の赤字が出てくるという結果になる。
 三井物産会社は三井財閥で1947年に解体し、会社が初めて赤字になると認めた。
 三井会社は、会社が赤字の原因になり、海外投資の失敗が主な原因となり、海外投資の失敗が主な原因となりそうです。その中で、チリの铜业投資損失1150億円、オーストラリアの天然ガスの投資損失400億円、ブラジル資源事業投資損失350億円。
巨額の赤字が出たが、三井物産会社は、株主たちの配当が減少し、1株当たり32円の標準で配布する。